ホーム  >  CMSとは
事業内容
CMSとは
CMSとは
CMSとは、Contents Management Systemの略語で、WEBサイトの文章や画像・レイアウトなどをデータベスで一元的に保存・管理するソフトウェアのことをいます。
WEBサイト(ホームページ)を作成する知識などがくてもテキストの文字や画像などコンテンツとなるものを用意できればWEBサイト(ホームページ)の更新ができます。
CMSは、ブログの更新システムが元になっています。

■CMS更新時でのメリット
HTMLを知らなくてもページが作れる
リンク切れが発生しなくなる
トップページへの更新表示などが自動化される
Web基準に沿ったサイトが誰でも作れる。

■CMS運用上でのメリット
更新担当を各部署に設置し更新する人の負担を軽減できる
情報配信がスピーディにできる
サイトの更新・修正もすぐにできる
指定した時間に自動更新などの設定ができる
サイト全体のバックアップが即取れる

■CMS導入のデメリット
CMSの操作や機能を覚える必要がある
デザインが統一化されるために例外的なページが作りにくくなる
 
従来のWEBサイトとCMSの差
従来、WEBサイトの更新は、WEB担当者(更新業者)でWEBサイト作成ソフトなどを使って行っていました。
しかし、この方法だと、WEB担当者の負担になり、担当者がやめてしまうと更新が出来なくなります。
CMSで無い場合のWEBサイトの更新方法
CMSソフトを使うと、WEBサイト制作ソフトは使わずに、インターネットに接続するだけで、ワープロソフト感覚で、サイトの更新が可能になります。 また、操作画面から、画像のアップロードも行えます。
CMSの画面操作方法
また、IDとパスワードを使い分ける事によって、トップページのみ変更可能にしたり、1ページ内の「更新履歴」のみ変更可能な設定にすることも出来ます。
パスワードの使い分け
【事務担当 】ID: jimu でログインすると、「更新履歴」 のみ更新でき、他の部分は更新できません。
CMSの種類
■スピードプラン用CMS
WordPress  http://ja.wordpress.org/

オープンソースのCMSです。無料で使うことができますので初期費用を抑えてHPを作ることができます。デザインをカスタマイズすることも可能です。
ブログ機能を1つ搭載していますので情報更新やお知らせなどを告知する枠として使うことが可能です。

■スタンダードプランCMS
Movable Type 
http://www.sixapart.jp/movabletype/

ライセンスを必要とするCMSです。Wordpressと違い有料となりますがブログ機能の制限はありません。ブログ機能をうまく使うことで担当者を分けた更新しやすいHPを作成することができます。
また、IDとパスワードを使い分ける事によって、トップページのみ変更可能にしたり、1ページ内の「更新履歴」のみ変更可能な設定にすることも出来ます。
--

その他の詳細はお問い合わせページよりご連絡をお願い致します。
ページの上に戻る