ホーム  >  知ってると便利かも
知ってると便利!?
ちょっとした便利なことをご紹介!

MovableTypeでカスタムフィールドも検索対象にする場合

MovableTypeでカスタムフィールドも検索対象にする場合、ほかのサイトでも記載がありますがなかった部分を追加として記載します。

検索のプラグインとして「CustomFieldsSearch」を使います。ほかのサイトでも説明があります。
ダウンロードページはこちら

<form method="get" action="<$mt:CGIPath$><$mt:SearchScript$>">
<input type="hidden" name="CustomFieldsSearch" value="1" /> カスタムフィールド対象にします宣言
<input type="hidden" name="CustomFieldsSearchClassType" value="entry" /> ブログ記事対象にします宣言

<input type="hidden" name="IncludeBlogs" value="2,3" /> 対象とするブログID記載
<input type="hidden" name="blog_id" value="1" /> 検索結果表示テンプレートのブログID
<input name="search" value="<$mt:SearchString$>">  
<input type="hidden" name="limit" value="<$mt:SearchMaxResults$>" />

上記がスタンダードなものです。

他に
<input type="hidden" name="CustomFieldsSearchClassType" value="page" /> ウェブページ使います宣言
など設定方法は多数あります。詳しくはオフィシャルサイトをみてください。

カスタムフィールド宣言をしていますが対象になるカスタムフィールドを宣言する必要があります。
<input type="hidden" name="CustomFieldsSearchField" value="カスタムフィールド名" />

フィールドの数に応じて宣言を入れてください。
注意なのは、ベースネームでなく、テンプレートタグだということです。

対象にしますの宣言を入れただけではカスタムフィールドの検索はならないことに注意が必要です。




横須賀市・横浜市・葉山町・逗子市・三浦市
ホームページweb制作・Webコンサルタント・Wordpress・Movable Type・CMS・パソコン修理・パソコン系ならなんでも株式会社ブルーダイヤモンド

その他の詳細はお問い合わせページよりご連絡をお願い致します。
ページの上に戻る